リフォームとリノベーションの違いって?メリットデメリットとは

こんにちは。おしゃれで質の良いリフォームを安い価格で提案できる工務店。
変わった会社、イロタス建築工房です。

皆さんは「リノベーション」という言葉をご存知でしょうか。
先日、担当させていただいたお客様からこんなご質問をいただきました。

「最近、リノベーション物件とかテレビでやっているけど、リフォームと何が違うの?」

確かに、「リフォーム」は知っていても、「リノベーション」は聞き馴染みがないかもしれません。
建築業界で使われる用語って、日常的にはあまり使わないですもんね。

でも新築で家を建てる、引越しで新たに住む物件を探すなど、知っておくといざという時に困らないかも!?
今回は、そんな知っておきたい建築用語をご紹介!

記念すべき第一回目は、リフォームとリノベーションの違いについて、メリット・デメリットも合わせてご紹介したいと思います。

リフォームとリノベーションの違い

まず前提として、「リフォーム」と「リノベーション」のそれぞれの意味と違いについて。

結論から言うと、日本で使う場合どちらもほぼ同じ意味合いです。

実は英語の「リフォーム(reform)」は、「改革(する)」「改良(する)」といった意味であり、家の補修工事などという意味では訳されません。
日本人がよく使っているリフォームという言葉の意味合いを英語で表すなら、どちらかというと「リノベーション(renovation)」が正解なんです。

ですので、「リフォームしたい」を英語で話す場合は、reformは使わず、

I want to renovate my house.
(私は自分の家を改修したい)

となります。

つまり、日本においては一般的に認識されているニュアンスの「リフォーム」の意味合いと、実際の意味の「リノベーション」の使われ方がほぼ同義語として扱われているのが現状です。
先ほど、どちらもほぼ同じ意味合いと言ったのは、そういう意味からです。

本来はこういった違いがありますが、ではいったい日本で使われているニュアンスとしては、どういった違いがあるのか。
それぞれのメリット・デメリットも合わせてご紹介していきたいと思います。

リフォームとは

リフォームのメリットデメリットとは

リフォームは、「古くなった家や設備を、新築または元の状態に戻す」という意味合いで使われます。

老朽化により剥がれた外装、壊れたキッチンや洗面所、お風呂などの水廻り設備、古くなって汚れた壁紙。
これらを間取りはそのままに、元の状態に戻すために部分的に直したり、新しくきれいにしたりするような小規模な工事の時に、リフォームという言葉が使われることが多いです。

リフォームのメリット

・費用がリノベーションに比べて安い
・期間が短くおさえられる
・工事の範囲が限定的なため、他の部屋を使える

部分的な改修になるので料金を安くおさえられ、期間も短くてすみます。
また、直す範囲も限られているため、その場所以外の部屋で生活しながらの工事も行えます。

例えば、キッチンの工事ならキッチンは使えませんが、隣り合わせているリビングは使えます。

リフォームのデメリット

・理想の間取りに自由に設計・変更できない
・部分的にきれいになるが、他の部分はそのまま

改修箇所のみを新しくするため他の部分まで変更できません。
場合によっては、一部分だけきれいになり、他が古い状態で目立ってしまうということが起こるかもしれません。

リノベーションとは

リノベーションのメリットデメリットとは

リノベーションは、「古くなった家や設備を、新築または元の状態より価値の高い状態に一新する」という意味合いで使われます。

リフォーム同様に改修するという意味が含まれますが、直した上で更に価値を高めた状態にするのがリノベーションです。
間取りも性能が良くなるよう自由に変更したり、内装・外装も理想の形やデザインに新しくしたりする大規模な工事の時に、リノベーションという言葉が使われることが多いです。

リノベーションのメリット

・理想の間取りに自由に設計・変更できる
・生活スタイルに合わせた機能的な部屋づくりができる
・自分の好きなデザインの内装・外装にできる
・費用が新築に比べて安い

壁や柱を取り壊して新しく使いやすい間取りにしたり、自分の好みのおしゃれなデザインに作り替えられます。
また、新築と違って新しく建て直すこともないので、料金がおさえられます。

リノベーションのデメリット

・費用がリフォームに比べて高くなる
・工事が終わるまでの期間が長い
・範囲が広くなるため、使える部屋が減る

工事の範囲が広がるのでリフォームと比べると料金が高くなり、期間も長くなります。
また、工事の規模にもよりますが、使える部屋がなくなるので、別の部屋や家での生活をしなければならない場合もあります。

例えば、リビングと隣りの部屋との間の壁を壊して広いリビングにするという工事の場合、工事が終わるまでどちらの部屋も使えなくなってしまいます。

まとめ・注意すべきこと

最後にもう一度、日本でいうリフォームとリノベーションの違いをまとめます。

リフォーム:新築に近いきれいな状態に直すための小規模な工事。
リノベーション:自由な設計・性能やデザイン性で価値を高めるための大規模な工事。

ちなみに、リフォームやリノベーションを行う際に注意しておきたい点があります。

建物によっては、強度や劣化の状態、柱や配管の位置などにより理想通りの改修ができない、追加費用がかかることがあります。
また、設計上は問題なくても、解体してみて発覚する問題が出てくる場合もあります。

例えば、壁を解体して中の配管を見てみると劣化していたため、追加で配管の補修費用がかかった、など。
想定外のことも起きる可能性があることを知っておき、あらかじめ備えておく必要があります。

「リフォームをしたいけど、料金が心配で・・」

「おしゃれなオフィスにリノベーションしたいけど、どうしたらいいかわからない」

「リノベーションで使いやすいキッチンとリビングにしたいけど、どのくらい期間がかかるの?」

イロタスなら無料でご相談・お見積もりを受け付けております。
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

安い費用でリフォームするなら堺市のイロタス建築工房