キッチンの種類と特徴イメージ

こんにちは。おしゃれで質の良いリフォームを安い価格で提案できる大阪府堺市の工務店。
変わった会社、イロタス建築工房です。

今回は「キッチンの種類について」のご紹介です。

新築を建てる
キッチンスペースをリノベーションする

こういったご依頼の際は、まずお客様のご希望をお聞きします。

▼リフォームとリノベーションの違いについては、こちらをご覧ください。
リフォームとリノベーションの違いって?メリットデメリットとは

こんなキッチンにしたい!
動線はこうしたい!

など、旦那様より奥様の方がご希望をお持ちのことが多いです。
ご自分で調べたり、ご友人・ママ友のお家のスタイルを真似したり、情報源は様々ですが詳しいお客様もいらっしゃいます。

旦那様にキッチンの種類をお見せすると「色々と種類あるんですねー」と関心されることが多いです。
もちろんキッチンに関心がないわけではありません。

金銭面、ローンの返済、土地の手続き、周辺地域・環境、ガレージ、子供部屋、書斎など。

他にも考えることがたくさんあるので、考える部分を奥様と分業しているのだと思います。
そんな新築やリノベーションをお考えのご家族に役立つ「キッチンの種類とその特徴」をご紹介したいと思います!

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、キッチンを囲む四方が壁と接することなく、アイランド(島)のように独立して離れているキッチンを指します。
オープンなキッチンで開放感があり、デザイン的にもオシャレなレイアウトを実現できる人気の高いキッチンです。

アイランドキッチンのレイアウト例

※レイアウトは一例です。

また、コミュニケーションを取りやすいのも特徴のひとつ。
リビングやダイニングが見渡せ、料理や洗い物をしながら会話を楽しむこともできます。

反対側や左右にも空間があるので、ホームパーティーや家族で一緒に料理をしたり、作った料理を運ぶのも回り込む必要がなく、とても使い勝手が良いキッチンです。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンとは、キッチンの左右どちらか一面が壁と接していて、ペニンシュラ(半島)のようになっているキッチンを指します。
アイランドキッチンと同様、コンロやシンクがリビングやダイニング側へ向いているオープンなキッチンです。

ペニンシュラキッチンのレイアウト例

※レイアウトは一例です。

アイランドキッチンに比べると開放感は少なくなりますが、従来の壁に向かったキッチンからペニンシュラキッチンにリノベーションする際に、間取りの制約による影響を受けづらいので、採用される方が多いです。

また、一面が壁に接していることから、選べる換気扇の種類が増えたり、コンロを使った際の油はね・汚れがリビングなどへ飛びにくく、お手入れがしやすいのも特徴です。

I型キッチン

I型キッチンとは、コンロから調理スペース、シンクまでが横一列(I字)に並ぶキッチンのことを指します。
シンプルなデザインで、料理も準備から完成まで横の移動でできるので、使い勝手が良いです。

I型キッチンのレイアウト例

※レイアウトは一例です。

スペースもコンパクトなので、日本の狭い住宅にマッチするレイアウト。
他のオシャレなキッチンと比べて安い価格で設置・リノベーションができるのが特徴です。

また、ペニンシュラキッチンもI型のキッチン。
手元より高いカウンターや油はねカバーを設置すれば手元を隠すことができるので、キッチン周りの調理具や調理中の油はね・汚れの飛びを防ぐことができます。

L型キッチン

L型キッチンとは、コンロから調理スペース、シンクまでがL字型に並ぶキッチンのことを指します。
調理スペースが広くとれるので、調理ごとに片付けてスペースをあける作業をすることなく、効率良くたくさんの準備ができます。

L型キッチンのレイアウト例

※レイアウトは一例です。

I型キッチンの横の動線に比べ、L型キッチンなら家族やパーティーなど、複数人が同時に料理をしてもぶつかることが少なく、料理好きな方に好まれるレイアウトのキッチンです。
キッチンスペースを広く取る必要もありますが、その分収納できるスペースも広がるので、食器棚などの棚をたくさん置く必要がなくなります。

また、L型のペニンシュラキッチンもあります。

U型キッチン

U型キッチンとは、コンロから調理スペース、シンクまでがU字型(コの字型)に並ぶキッチンのことを指します。
L型キッチンよりも更に調理スペースが広くとれ、効率良くたくさんの準備ができます。

U型キッチンのレイアウト例

※レイアウトは一例です。

コの字の三方向にそれぞれ調理スペースをとれるので、同時に複数の調理や配膳、洗い物などが行えます。
L型キッチンと同様、収納スペースが大幅にとれるのも特徴です。

セパレート型キッチン

セパレート型キッチンとは、コンロとシンクを別々に分けた(セパレートした)キッチンのことを指します。
コンロは壁側、シンクはリビングやダイニング側に設置すれば、壁側に向かい料理に専念したり、洗い物をしながら家族とコミュニケーションをとったりできます。

セパレートキッチンのレイアウト例

※レイアウトは一例です。

コンロは壁付けにすることで、煙や臭いがリビングやダイニングへ届きづらくなるのも特徴です。
アイランドキッチンやペニンシュラキッチンの場合でも、配置次第でセパレートすることが可能となります。

まとめ

キッチンだけでもたくさんの種類があります。
流行りのオシャレなキッチンにするか、シンプルだけど使いやすいキッチンにするか、家族やパーティーで複数人が調理・作業できるキッチンにするか。

用途や希望に合わせたキッチン選びが大切です。

「オシャレなアイランドキッチンにリノベーションしたい」

「何年も使っているI型キッチンにガタがきているのでリフォームしたい」

「こういう間取りなら一番安い料金で使い勝手の良いキッチンはどれ?」

イロタスなら無料でご相談・お見積もりを受け付けております。
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

安い費用でリフォームするなら堺市のイロタス建築工房